起業



A.人生の選択


B.個人事業の魅力


C.会社の魅力


D.会社の種類


E.業務/起業コンサルティング


F.業務/【開始時期未定】会社設立


G.業務/【開始時期未定】会計記帳





A.人生の選択

 皆様は、労働力現役時代を会社の歯車の一個として終えてしまうつもりでしょうか。 終身雇用崩壊時代を安全に乗り越えることができるのでしょうか。 会社にしがみついていても、上司にゴマをすり、部下から文句を言われ、サービス残業におわれ、 よかれと行動してもマイナス評価、あげくのはてには突然のリストラ。
 又、団塊の世代は、定年退職を向え第二の人生設計を考えるときです。
 忘れかけた夢、守りに入ってきている貴方、一度きりの人生です。 例え一人からのスタートでも老若男女を問わず経営者となり、悔いを残さない人生を送ってみてはいかがでしょうか。



B.個人事業の魅力
メリットの例 デメリットの例
  • 設立が簡単
  • 税務手続きが簡単
  • 事業内容の変更が自由
  • 無限責任
  • 信用力が低い
  • 年間所得が高いと税金負担で不利



C.会社の魅力
メリットの例 デメリットの例
  • 有限責任
  • 信用力が高い
  • 税金負担軽減
  • 設立が面倒
  • 税務手続きが面倒
  • 事業内容の変更が自由ではない



D.会社の種類

株式会社
 公開会社と非公開会社があります。取締役会を設置するかどうかでも形態がさらに変わってきます。
 又、会社法では、有限会社がなくなりました(株式会社に統合)。
※出資者(株主)の責任:間接有限責任
※出資金:1円以上
合同会社
 会社法によって新たに誕生しました。一人で会社設立を考える方向けです。
※出資者(社員)の責任:間接有限責任
※出資金:1円以上
合名会社
 合同会社が新設され、メリットがない。
※出資者(社員)の責任:直接無限責任
※出資金:1円以上
合資会社
 合同会社が新設され、メリットがない。
※出資者(社員)の責任:直接無限責任・直接有限責任
※出資金:2円以上



E.業務/起業コンサルティング (対象:個人開業)

 開業前に、許認可手続きの相談、必要に応じて開業資金調達等のアドバイスも行ないます。



F.業務/【開始時期未定】会社設立 (対象:法人開業)

 以前は最低資本金として、株式会社1,000万円、有限会社300万円を用意しなくてはなりませんでした。 しかし、会社法では、この最低資本金制度を廃止しましたので会社を設立しやすくなりました。



G.業務/【開始時期未定】会計記帳 (対象:個人事業者)

 面倒な毎月の会計記帳を行ないます。
※簿記の有資格者がいる事務所に依頼されるほうがより安心です。



行政書士前田景介法務事務所 北海道札幌市西区平和1条4丁目5番1号 011-667-3576
Copyright © 2005-2018 Certified Administrative Procedures Legal Specialist Keisuke Maeda Legal Affairs Office. All rights reserved.